« Macで親指シフト専用キーボード25 | トップページ | Teslaの派生版を作成しました その10 »

2011年1月24日 (月)

Teslaの派生版を作成しました その9

Tesla_20110122.zipをアップしました。
Mac OS X 10.4~10.6(64bitカーネルモードを含む)で動作します。

・キーボードのホットスワップ(活線挿抜)に対応しました(5秒ごとに再スキャンを実行)
・『かなキーを英数⇔かなモード切り替えキーにする』のオプションを追加しました。
・『コマンド+スペースを英数⇔かなモード切り替えキーにする』のオプションを追加しました。
・アンインストーラおよびインストーラで使用するアップルスクリプトがPPCアプリとなっていましたが、ユニバーサルバイナリに変更してロゼッタを不要としました。
・設定パネルおよびscriptCheckerでの再起動時、kextload, kextunloadを直接実行していましたが、起動スクリプト(/Library/Tesla/Tesla)を実行するように変更しました。

Macで親指シフトWikiには他の方の動作状況を見てからアップしますので、まずはこちらからダウンロードして下さい。

10.5以降の場合、Macのインプットメソッドのモード変更に追従するようにすべきと思いつつ……できません m(_ _)m

Windows用のキーボードを使用する場合は、Takayama Fumihikoさん作成のPCKeyboardHackを利用して「無変換」「変換」「かな」を使えるようにします。
一般的には「無変換」「変換」「かな」キーをそれぞれ「英数」「スペース」「かな」キーに設定します。
(上記設定であればトリニティワークス社WinK for OSXでも可能です)

PCKeyboardHackといえば、同作者のKeyRemap4MacBookも6.9.0で親指シフトに対応したようです。さらに7.0.0で下駄配列・新下駄配列、7.0.40で連続シフトにも対応しています。
こちらの方がTeslaよりも今後が期待できます (^^;
TeslaとKeyRemap4MacBookを両方インストールするとキー入力を受け付けなってしまうのでご注意を。
キーリマッパを2個インストールしてしまうとMacを強制終了するしかなくなります。
この場合、「強制終了→セーフブート→どちらか削除」として下さい。

さらに、トリニティワークス社といえば、NicolaKという製品で親指シフトをサポートしています。
こちらは、NicolaK for FKB7628-801NicolaK for FKB8579-661EVNicolaK for FMV-KB232のようにキーボードごとに製品があります。

« Macで親指シフト専用キーボード25 | トップページ | Teslaの派生版を作成しました その10 »

親指シフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Teslaの派生版を作成しました その9:

« Macで親指シフト専用キーボード25 | トップページ | Teslaの派生版を作成しました その10 »

無料ブログはココログ