« Macと外付けテンキー その5 | トップページ | Macと外付けテンキー その7(KS-120TKR II) »

2008年12月18日 (木)

Macと外付けテンキー その6(FKB22MBのMac OS X対応完了)

Windows用テンキーへの対応を加えたDentakuTenkey1.1.0を作成しました。
これで、Windows標準ドライバで動作してMac OS Xで動作しないテンキーが”多分”使えるようになると思います。

FKB22MBでイコールキーが入力できるようにしました。
"00"キーを"000"キーまたはコンマキーに変更できるようにしました。
その他、VN-350用に'('および')'も入力できるようにしていますが、そもそもVN-350が使えるか分かりません。どなたかVN-350やFMBT22MBで試してください m(_ _)m

それ以外では、KeyRemap4MacBookと同様にgetLEDStatus()にてLEDの状態を取得するように変更しています。
ダウンロードはここからどうぞ。

« Macと外付けテンキー その5 | トップページ | Macと外付けテンキー その7(KS-120TKR II) »

Mac」カテゴリの記事

コメント

初めましてこんにちは。
新しいキーボード買ったはいいけどキー配列で困り果ててた所で当サイトを発見しました。tuukbdすばらしいです!!ありがとうございました。

お役に立てたようで何よりです。
ではでは。

Majestouch Wireless TenKeyPad FKBT22MBをMacで使用したいと思い、DentakuTenkey_1.1.2をダウンロードさせていただきました。
ところが、肝心のFKBT22MBをMacが認識してくれません。OSはSnow Leopard です。

解決の方法はありますでしょうか。
アドバイスよろしくお願いいたします。

現在のDentakuTenkeyのバイナリは、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)の64bitカーネルモードには対応しておりません。
64bitモードで利用したい場合は、ソースから自力でビルドしていただく必要があります。
デフォルトのモードは32bitです。64bitモードには意識的に切り替える必要がありますので、不明な場合は32bitモードと考えて良いでしょう。

以下32bitモードであることを前提に手順を書きます。
・buluetoothアダプタをMacより外します
・DentakuTenkeyをインストールします
・Macが再起動したらターミナルにて以下を実行します
  sudo sysctl -w dentakutenkey.vendorid=0x45e
  sudo sysctl -w dentakutenkey.productid=0x8502
  sudo /sbin/SystemStarter stop DentakuTenkey
  sudo /sbin/SystemStarter start DentakuTenkey
・buluetoothアダプタをMacに接続します
  コンソールにてすべてのログを表示させていると、アダプタを接続した時に以下のような行が表示されるはずです。
   DentakuTenkey::checkVendorAndProduct (chk[0x45e, 0x8502], kbd[0x45e, 0x8502])
  もし、chk[]とkbd[]の値が違うようでしたら、kbd[]の方の値にてsudo sysctlして下さい。
・ペアリングのダイアログが出たら、テンキーにて数字を入力します

以上でFKBT22MBが利用可能となるはずなので、一度お試し下さい。

ではでは。

ありがとうございました。
早速試してみます。

10.6で上手く動かない報告がありました。
現在「Mac OS 10.6 (Snow Leopard)が出荷されたようですね」のコメント欄にてテストをお願いしていますので、宜しければそちらを確認して下さい m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Macと外付けテンキー その6(FKB22MBのMac OS X対応完了):

« Macと外付けテンキー その5 | トップページ | Macと外付けテンキー その7(KS-120TKR II) »

無料ブログはココログ